/

腸内環境を整えるなら菌活を!オススメの菌の種類は?

どの年代でも多くの人を悩ませる腸内フローラのバランス崩れによるお腹の不調。原因の多くはストレスによるものと言われていますが、あまりストレスを自覚していない人が多いと思います。

自分はストレスを自覚していないのに、体はストレスを察知しているのです。知らぬ間にストレスが溜まると、腸内に有害物質を作り出す悪玉菌が活性化してしまいます。

それが宿便や便秘を引き起こすわけですね。

ストレスを感じないようにコントロールすることも大切ですが、まずは善玉菌を増やして悪玉菌を追い出すことが先決です。

最近、菌活という言葉が普及してきましたね。

ここでは、善玉菌を増やすための活動方法について説明しています。

 

善玉菌を増やすと、どんなメリットが?

積極的に菌活を行うと、次のようなメリットが得られます。

・便通の改善
・免疫力アップ
・食欲増進
・食物の消化・吸収の促進
・美肌効果
・冷えの改善

善玉菌は私たちにとって良い働きをしてくれる味方なのです。
善玉菌が元気になってイキイキしてくれないと、悪玉菌の増殖を抑えなくてはいけないのです。

そのためには善玉菌を腸に直接取り入れる努力が欠かせません。

菌活始めよう!

人間は毎日ご飯を食べては出す、つまり摂食と排泄の繰り返しが続きます。
当然ながら腸内に取り入れた菌たちも一度は体外へ出されるのです。

善玉菌を摂ったから大丈夫ではなく、毎日の食事で継続して摂取する、それが菌活する上で大切なことです。

では、腸内に良い菌には次のような種類があるのを知っていましたか?

・きのこ類
きのこを漢字にすると、”菌”ですよね?
腸の調子を整えて免疫力アップさせる働きがあります。さらにβグルカンという食物繊維が善玉菌のエサになります。
代表的なきのこは、しめじ、エリンギ、しいたけ。
 
・納豆菌
納豆だって善玉菌のエサになります。ナットウキナーゼという酵素は血栓を溶かす作用があるので動脈硬化の予防に良いです。
 
・酢酸菌
最近、話題になっている酢酸菌で、穀物酢や果実酢がそうですね。
内臓脂肪を減らす作用があるのでダイエットに効果的です。お酢の酸味成分であるクエン酸には疲労回復の効果も期待できます。
 
・麹菌
こちらも話題になっていますね!
塩麹や甘酒がいい例です。腸内環境を整えて消化の補助と宿便を取り出すのに効果的です。
 
・酵母菌
酒好きにはたまらない、ワインやビールに含まれています。善玉菌を増殖させて体内の有害物質を排出してくれます。
飲み過ぎは厳禁!

いかがでしたか?
菌活を始めるなら、これらの菌を使って腸内環境を整えてストレスに強い体を作りましょう!