便秘のタイプを知り宿便を出そう!

便秘のタイプを知り宿便を出そう!

便秘にはいろいろな種類があるのをご存知でしたか?
一口に便秘といっても、一つだけではありませんから。

 

便秘解消に良いとされる方法をあれこれと試みるも一向に改善されなかったのは、自分の便秘タイプに合わなかったかもしれません。
ですから、便秘や宿便をきちんと出すには、自分の便秘タイプを探すことです。

 

ここでは、便秘のタイプについて説明しています。

 

スポンサーリンク

 

3つの便秘タイプとは?あなたはどれ?

便秘の代表的な種類には、次の3種類あります。

弛緩性便秘
痙攣性便秘
直腸便秘

 

いずれも突発性あるいは機能性便秘と呼ばれ、よく起こりやすい便秘です。

 

最近多いのが、ストレスや自律神経の乱れによって起こる過敏性腸症候群に代表される痙攣性便秘です。
大腸が痙攣しすぎるため、便を運ぶのに時間がかかってしまう症状です。

 

直腸便秘も同じく環境変化や生活習慣の不規則などから引き起こされる症状で、直腸内での圧力を感じず便意を催しづらくなるという便秘です。
つまり便意を我慢してしまった結果、腸内に便が溜まるのです。

 

弛緩性便秘は食物繊維の慢性的な不足、また食事量が少ないために起こる便秘です。
このタイプは食事制限によるダイエットをしている人や高齢で食欲がない人によく見られます。

 

腸のぜん動運動が低下するため、大腸内に老廃物がたまってしまい、そこへ水分が吸収されてふくらむため、排出されにくくなるという現象です。
便が硬くなるのも特徴で、詰まっているのは分かるのに出ないという非常にストレスのかかりやすい便秘の種類でもあります。

 

弛緩性便秘は、日常的に繰り返している人が多い便秘の種類です。
慢性便秘とも呼ばれ、体の代謝が悪くなったり、血行不良を招きやすくもなります。

 

腸内にたまった老廃物から有毒物質が発生して血液を通して体中に毒素がまわり、健康を害することもあります。
スッキリしないというだけでなく、体全体のために悪影響があるのが弛緩性便秘なのだということを覚えておきましょう。

 

 

弛緩性便秘の人は要注意?

便秘のタイプを知り宿便を出そう!

3つの便秘タイプの中で、特にストレスや生活習慣が大きな影響を及ぼしているのが痙攣性便秘です。
これは腸の活発し過ぎによる痙攣が原因で起こります。

 

便の通り口が狭くなり便意はあるのに排出できなかったり、排出できても僅かな便しか出ないというのが特徴的です。
もし、うさぎの糞みたいにコロコロした硬い便が出ているのであれば、それは痙攣性便秘かもしれません。

 

ストレスを主な原因とする痙攣性便秘ですが、よく便秘薬を利用する人もこの症状に至りやすい傾向があります。
痙攣性便秘に類別される過敏性大腸炎などは便秘と下痢を繰り返す症状ですから、必ずしも便秘だけが問題とは言い切れません。

 

しかも痙攣性便秘への対処を何もせずに放置すると、さらにストレスが増大し心拍数や血圧にまで影響することもあります。

 

すると疲労感が出たり不眠症になったり、うつ病を引き起こすなどの健康被害になる可能性もあるので、見逃せません!
ただし、便秘だからと便秘薬を多用したり食物繊維を多く摂取すると症状が余計に悪化するケースが見られるので厄介なところです。

 

不溶性食物繊維を多く摂ると腸がさらに刺激される場合もあるので、水溶性食物繊維の海藻類を摂ることを意識すれば自然な効果が出やすいはずです。
ですが、痙攣性便秘の根本的な原因がストレスである場合、普段の生活習慣を見直しつつ、上手にストレスを発散できる術を身につけるようにしてください。

 

スポンサーリンク