/

腸内フローラで女性の更年期障害を克服?

女性に多い更年期症状を少しでも緩和するために、腸内フローラのバランスも考慮していますか?

一見、腸内と更年期症状と関連性がないと思われがちですが、どうやら大いに関係しているようですね。

でも、腸内フローラで更年期症状を改善できるのは本当なのでしょうか?

ここでは、腸内フローラと更年期障害について説明しています。

更年期障害とは?

女性なら必ず閉経を迎える時期がやってきます。
そのため更年期障害による何らかの症状を抱えてしまうものす。

たとえば、今まで元気で明るかった女性でも暗く鬱状態になってしまうことも珍しくありません。
「こんなの自分らしくない」という症状が出てくるのが特徴で、それも一つだけではありません。

更年期障害を完全に克服するのは難しくても、少しでも症状が軽くなら助かりますよね。

そのためには腸内フローラの改善に努めることです。

更年期障害の特徴とは?

個人差のある更年期障害ですが、一般的には50代前半に症状が出てくる方が多いです。

閉経をはさんで、前後45歳~55年間の10年間を「更年期」と呼ばれていますが、最近ではもっと若い頃から更年期になる方も存在します。
なかでは40歳前半から更年期症状に悩む人も…!

なぜ更年期症状を呈するのか?
閉経時期の卵巣の働きが低下し、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されず急激に減少します。

そのため心や身体、神経の調節がコントロールできず、不調が発生しやすくなります。
それが更年期の特徴

日常生活に支障が出る場合には、婦人科での治療も必要になってきます。

更年期障害の症状

だるい
眩暈
疲れ
イライラする
動悸
火照り
不眠
不安感
腰痛
発汗