オリゴ糖は腸内フローラの改善に良いか?

オリゴ糖は腸内フローラの改善に良いか?

オリゴ糖は腸内フローラの改善に良いか?

 

腸内フローラを改善するには、食物が中心となります。
食べ物の影響をもろに受けますので、改めて食事内容を見直すことが大切です。

 

肉中心ばかりの食事だと、タンパク質や脂質の摂取量が増え悪玉菌が知らぬ間にどんどんに増えてきます。
できることなら、肉料理を適度に摂りつつ、善玉菌を増やす食べ物をしっかり摂ってバランス良く保ちたいですよね。

 

そんな時は、オリゴ糖が役に立つかもしれません。
オリゴ糖は、実は、善玉菌にとって大好物であるエサなのです。

 

ここでは、オリゴ糖は腸内フローラの改善に良いか?についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

オリゴ糖の凄いところは?

多くの糖質が小腸で消化吸収されるのに対して、オリゴ糖は消化酵素でば分解できないため大腸までしっかり届きます。
つまり、善玉菌がいるところまで生き続けてくれているんですね。

 

ただしスーパーなどで置いてあるオリゴ糖の一部は不純物が多く、腸まで届く直前に死滅してしまうことがほとんどです。
なにせ甘味料として使われるのが多く、約30%のオリゴ糖しか含まれていません。

 

選ぶならば、天然で高純度のオリゴ糖がオススメです。
どうぜなら自然由来の素材から抽出したオリゴ糖のほうが、身体に優しいですしね。

 

便をすると腸内環境は随分と変化するのですが、そもそも便秘の改善をサポートするのがビフィズス菌という善玉菌です。
このビフィズス菌のエサであるオリゴ糖を摂取し、ビフィズス菌を増殖させて乳酸や酢酸を作り出します。

 

それが腸の活動が活発になり、腸内環境を酸性に保つようになります。
酸性の環境では生きていくことができない悪玉菌にとっては、辛い環境になるわけですね。

 

しかも乳酸や酢酸は腸の蠕動運動を促進する働きがあり、これが便通を良くしてくれるのです。

 

スポンサーリンク

 

オリゴ糖の種類は?

オリゴ糖には大きく分けて次の3つの種類があります。

根菜類に含まれているフルクトオリゴ糖
母乳や牛の初乳に含まれているガラクトオリゴ糖
味噌やハチミツに含まれているイソマルトオリゴ糖

 

納豆やバナナ、玉ねぎなどにもオリゴ糖は含まれているので、これらを意識して摂取すれば善玉菌のエサとなります。

 

 

ヨーグルト一緒に摂るとベスト!

そんなオリゴ糖を一緒に食べると良いとされるがの、ヨーグルトや納豆など乳酸菌の多い食べ物です。
オリゴ糖は腸内にいる善玉菌のエサとなって、イキイキと活発化させる働きがあります。

 

腸内にもともと棲みついている善玉菌に加えて、ヨーグルトなどの善玉菌を多く含む食べ物をオリゴ糖と一緒に摂ると、より効果的に理想の腸内環境にしてくれます。

 

もしヨーグルトが苦手な方は、発酵食品である味噌汁やコーヒーなどに入れてもOKです。

 

ご自身に合ったピッタリな召し上がり方を見つけてくださいね。
ちなみに管理人は、「カイテキオリゴ」という天然のオリゴ糖を愛用し、毎朝ヨーグルトに混ぜて一緒に食べています!

スポンサーリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 宿便の原因は? 自宅で行う方法 飲食物で出す方法 今話題の酵素液!