善玉菌を増やす方法に、ココアというモノもあります。
ココアと言えば、寒い冬に飲むと体がポカポカしてくれる飲み物ですよね?
善玉菌を増やすために食物繊維を多く摂るのが良いと分かっているけど、いろいろな種類があり、素人の判断では難しいことと思います。
そこで、安価でいつでも気軽に手に入れられるココアがオススメです!
ここでは、ココアの効能と作用についてお伝えします。
<% module(レス記事上_宿便) %>
<% index %>

ココアで善玉菌を増やそう!

ココアには、カカオポリフェノールとリグニンという成分が含まれています。
このリグニンというのは食物繊維なのですが、実は、ココアの成分の半分近く含まれている有効成分です。
リグニンという成分の特徴は、とても素晴らしいですよ。
整腸作用はもちろん、次の作用にもあります。

肝機能向上
冷え改善
美肌効果
血行促進
体臭防止
集中力や記憶力アップ

こんなにたくさんの健康効果をもたらしてくれるのです!
1日3杯のココアを飲み続けることで、1週間に4回のペースで便意を催し便秘が改善されるそうです。
ある実験では、ココアを飲む人は飲まない人と比較すると、腸内のビフィズス菌がなんと5倍も増加したということ!
なぜココアを飲むと、ビフィズス菌が増えるのでしょうか?

リグニン→食物繊維の力で腸内の便を押し出す作用
ポリフェノール→腸内の善玉菌を増やす作用

つまり、この2つの成分による相乗効果で腸内環境を整えてくれます。
ココアも善玉菌を増やす飲料の一つとして、取り入れてみませんか?
<% module(PCスマホレス用記事下_宿便) %>