/

宿便をゴッソリ出すには、腸内環境を整えることが重要なのは分かりますよね?

ところで、腸内に留まる菌と言えば、”善玉菌と悪玉菌”だと思い浮かべると思いますが、もう一つ重要な菌があります。

それは日和見菌。

日和見菌は善玉菌と悪玉菌のどちらにも当てはまらない菌で、腸内細菌の中では最も多いのです!

そもそも日和見菌は他の菌とどう違うのか?働きは?価値のある菌なのか…?

実は、日和見菌も腸内フローラの理想的なバランスを保つのに必要不可欠な存在なのです。

ここでは、腸内細菌のこと、腸内フローラの理想的なバランスについて簡単に説明します。

善玉菌と悪玉菌

よく耳にする乳酸菌とかビフィズス菌は善玉菌の一種で、私たちの身体にとって大切な物質を生成してくれる菌たちです。

乳酸菌とビフィズス菌が腸内でイキイキしていれば、悪玉菌の増殖を抑えて腸内フローラのバランスを良い状態に保つことができます。

一方、悪玉菌はウェルシュ菌や緑膿菌、大腸菌の一種で、増殖すると体内で健康を害する活動を始める厄介な菌たちです。

悪玉菌はタンパク質を栄養としているので、肉などのタンパク質ばかり摂ると便臭やオナラがひどくなります。
臭いが強烈であれば、それは悪玉菌が増殖し腸内フローラのバランスが乱れていることになります。

でも、腸内フローラのバランスが良好にキープしていれば、悪玉菌はおとなしくしてくれます。

もし善玉菌の数が大幅に減少し、腸内フローラのバランスが崩れてしまったら悪玉菌が猛威を振るようになります。

悪玉菌は身体にとって不要な菌かもしれませんが、実は、悪玉菌よりも悪い病原菌が侵入してきたら、善玉菌では腸内から追い出せない病原菌を、悪玉菌が善玉菌と力を合わせて処理してくれるのです!

また悪玉菌が生み出した代謝物が善玉菌のエサにもなっています。

したがって、悪玉菌は身体にとって欠かせない菌であることが分かりますね。

日和見菌は何のため?

/

日和見菌は善玉菌と悪玉菌のどちらも属さない菌で、腸内細菌の中で最も多い菌です。

普段はおとなしいのですが、もし腸内フローラのバランスが崩れたら悪玉菌と一緒に活動するようになります。

要するに、悪玉菌が優勢側にあると日和見菌も悪玉菌化となって、強烈な便臭やおならが出たり、ガスが腸内に溜まったりと症状が出やすくなります。

逆に善玉菌が優勢であれば、日和見菌は善玉菌の仲間になって行動することになります。

腸内フローラの理想的なバランスを保とう!

<% metaKeywords %>

腸内には善玉菌と悪玉菌、そして、日和見菌が存在していることが分かりましたが、腸内フローラの理想的なバランスを保つのに、どれくらいの割合がいいのでしょうか?

善玉菌2割 : 悪玉菌1割 : 日和見菌7割

この割合が身体にとって理想的なバランスなのです。
本当は悪玉菌をゼロにしたいけど、悪玉菌よりも悪い病原菌をやっつけてくれる正義のヒーロー(?)のような存在なので、完全に消失させるのは不可能です。

でも腸内細菌の中でも腸内フローラのバランスのカギを握るのは日和見菌なのです!

日和見菌が7割も占めるので、善悪どっちつかずの菌が3分の2以上となります。

日和見菌は一見価値のある菌とは思えないけど、一度、善玉菌の味方につければ、善玉菌のパワーがよりアップし、それが腸内フローラのバランスを良好に保つのに重要な存在なのです。