悪玉菌が優勢になると、日和見菌は優勢な側に加担することになります。
そうなると、アンモニアやクレゾールといった身体にとって有害なガス物質を生成し、腸内を腐敗せてしまいます。
それが宿便や便秘、下痢、生活習慣病や大腸がんの引き金に…。
だから善玉菌優勢の状態になるように、コーヒーオリゴ糖を継続して摂ることが賢明なわけです。
こんなデータの結果があります。
コーヒーオリゴ糖を1日1gを2週間摂取した後、糞便中のビフィズス菌を調べてみた結果、摂取前の約3.5倍に増加としたといいます。
それだけでなく、排便の回数も増加しました。
したがって、毎日摂ることが宿便を出すのに大切なポイントとなります。
ちなみにコーヒーオリゴ糖を有効に摂る手段はそう多くはありません。
手軽に入手できるインスタントコーヒーから摂る場合、1日10杯以上飲まなければいけません…。
さすがに10杯以上飲むのはキツイので、特定保健用食品の認可を受けているコーヒーオリゴ糖配合の健康飲料なら手軽に摂れると思います。
<% module(PCスマホレス用記事下_宿便) %>