宿便の原因は?

宿便の原因は?

なぜ宿便になってしまうのか?
大腸の働きが何らかの事情で十分になされずに便の流れが悪くなってきてしまい、便が排泄されるまでの期間が長くなってしまった状態を「宿便」と言います。

 

宿便は誰にでも起こりますし、たとえ身体の健康が良好でもです。ですから健康な人でも、それほど心配しなくても大丈夫です。
なぜなら健康な人は宿便が入れ替わるために、絶えず新陳代謝が起きているからです。

 

ここでは、宿便の原因について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

そもそも宿便に至る原因は?

宿便が新陳代謝しないのは、便秘しているからです。
つまり、排便しやすい柔らかな便がうまく腸内でできないか、または胃腸が弱っていて、便を押し出す蠕動(ぜんどう)運動が十分にできていないかのどちらかが原因として考えられます。

 

しかし、それ以前に、食べる食材にそもそも原因の問題がある場合がほとんどなのです。

 

排泄しやすい柔らかな便を形作るには、何が必要だと思いますか?
食物繊維が不可欠ですよね?

 

この食物繊維が多い食材というのは、古くからある和食にはたくさん含まれています。
昔の人は日本の伝統的な料理を食べていたお陰で、宿便が溜まる人なんて少なかったはずです。

 

ところが、今はどうでしょうか?
洋風化した現在の食卓に上る食材には、食物繊維が一体何グラム含まれているんでしょうか?

 

欧米型の食生活やファストフード、加工食品の普及により、脂肪の摂取量が大幅に増加してきました。
脂肪が増えると動脈硬化の原因となり、多くの合併症を引き起こしています。

 

食物繊維は腸で余分なコレステロールを体外に排出する働きを持っているので、1日20〜25gの食物繊維を摂る必要があります。
肥満予防やダイエット目的としているのであれば、1日350g以上を目標に摂取したいところですね。

 

したがって、コンビニに置いてあるような野菜サラダだけでは、全然足りないのです。

 

スポンサーリンク

 

胃腸が弱い人は要注意?

宿便の原因のもう一つには、胃腸が弱っていることもあります。
胃腸に不調があると便を押し出す力が弱まり、新陳代謝が活発に行われません。

 

つまり、腸内にいつまでも宿便となって溜まり続けるのです。
それを避けるためには、胃腸に良い食べ物をしっかり食べたり、精神的ストレスを抱えているならばストレス解消を…。
胃腸の虚弱が原因で冷え性になることが多いので、腹を冷やさないようにしましょう。

 

胃腸が元気になれば、腸内環境が整えて始めて蠕動運動が起きるのです。
腸内環境が整うというのは、腸内に善玉菌が優勢な状態のことを言います。

 

朝食をとった後、もし便意が催しても時間がないからとトイレに行くのを我慢するのはNGです!

 

ぜひとも便秘にならないためにも、朝食摂った後に排便をする習慣をつけることと、腸内環境を絶えず良い状態に保つように食物繊維を多くとることが宿便からの解放をもたらします。

スポンサーリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 宿便の原因は? 自宅で行う方法 飲食物で出す方法 今話題の酵素液!