オリゴ糖です。
宿便を出すのにオリゴ糖がなぜ良いかと言うと、腸内環境を改善する効果が期待できるからです。
ご存じのように腸内には、善玉菌と悪玉菌が生息しています。
悪玉菌が多くなると腸内環境が悪化して、腸のぜん動運動が悪くなり、便秘気味になりやすくなってしまいます。
<% module(レス記事上_宿便) %>

善玉菌を増やすならオリゴ糖で!

そこで、便秘対策として善玉菌を増やすことが重要です。
腸内で善玉菌の割合を増やすためには、オリゴ糖は重要な役割をはたします。
善玉菌の中にビフィズス菌があります。
ビフィズス菌ですが、オリゴ糖をエサにして善玉菌の数を増やす性質があります。
腸内細菌にとってかけがえのない栄養素の一つが糖分なのですが、大腸まで届かなくては発酵もできないのです。
ですから、消化に耐えられる糖分なのがオリゴ糖です。
オリゴ糖には消化耐性があり、人間の消化酵素によって消化されにくいのです。
大腸まで届いたオリゴ糖をエサにして消化するのが、ビフィズス菌が中心となるわけですね。
その他の悪玉菌のエサにはなりません。
したがって、ビフィズス菌だけにオリゴ糖を与えることによってビフィズス菌の数を増殖させ、善玉菌優位の環境を腸内で作り出すことができるわけです。
その結果、善玉菌がイキイキと活発化になり、腸の動きが改善されて宿便解消できる可能性が高くなります。
ビフィズス菌の大好物はオリゴ糖!と捉えるといいと思います。

天然物が一番オススメですね。
もしスーパーに天然のオリゴ糖が販売されていないのであれば、ネットで購入することができます。
宿便を改善するには、これからオリゴ糖を活用してみると良いでしょう。
便秘薬のような無理やり宿便を排出させる方法よりも、体にかかる負担も小さくすることができます。
それにオリゴ糖は砂糖のカロリーの半分しかないので、太りにくくダイエット中の人にとってはありがたいですね。
ただ胃腸の弱い人が過剰に摂り過ぎると下痢になったりする例もあるので、1日3~5gが目安量となっています。