腸内洗浄で宿便を出すのは危険?

腸内洗浄で宿便を出すのは危険?

腸内洗浄は、宿便を出す方法として非常に有名だと思います。以前であれば病院でのみ可能だったのですが、最近は自宅でできるキットなども販売されていてより手軽に行えるようになりました。

 

自宅にいながら腸内洗浄を行うメリットとしては、自分の好きな時間帯にできる、人に見られずに済む、費用が安いなどが挙げられています。

 

しかし、宿便を出すための方法としてはリスクや危険も伴うといわれています。

 

スポンサーリンク

 

キットによる腸内洗浄のリスクは?

腸内洗浄は、腸から洗浄液を流し込んで大腸内にある宿便や不要物を取り除くことを目的にしています。
大腸がんになる危険性を回避する意味では、治療の一環としても行われています。

 

ですが、自宅で腸内洗浄を行う際の注意点をいくつか紹介します。

 

まず洗浄液には必ず専用のものを使用するという点です。
市販されているキットの中には水道水を温めただけで使用できると書かれたものがあるようです。

 

しかし、実際に水道水を温めただけのお湯を腸内に注入するのは大変危険なのです。

 

理由は、水道水にはカルキなどの消毒液が含まれているからです。
残留塩素が多く、水道水に含まれる汚染物質と化合することによって発ガン物質を発生する可能性があります。

 

それを、大腸に注入するのは大変危険です。
ですので、注入する液には十分に注意を払うようにしましょう。

 

それから温度に注意しないと腸内が火傷してしまうこと、定期的に行うことが望ましいのですが、副作用があることも覚えておかなければなりません。

 

腸内洗浄を続けていると確かに宿便は改善されますが、自力排便が難しくなったり、細菌が入り込んで腸内感染が起こる危険性もあるので注意して行うようにして下さい。

スポンサーリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 宿便の原因は? 自宅で行う方法 飲食物で出す方法 今話題の酵素液!