オリゴ糖を越えた?サラシアで宿便を出す!

最近、サラシアという言葉が普及してきました。
東南アジアを原産とする植物の一つで、昔からサラシアを薬草として用いられることが多かったようです。

 

昔から薬用に用いられてきた歴史は長いのに、新しい成分として、近年、注目されている成分なのです。

 

そんなサラシアには腸内環境を改善する効果があると分かってきました。
ここでは、サラシアの特長や効果など説明しています。

 

スポンサーリンク

サラシアの特徴や効果は?

サラシアは天然由来で腸内環境を整える他にも糖分の吸収を抑制したり、脂肪の分解を促進したりといった他の嬉しい働きも持っています。

 

糖分の吸収を抑制する作用があることから、昔から糖尿病に効果的と言われています。
他に免疫力アップ、貧血予防、脂肪燃焼といった効果もあります。

 

サラシアの種類によって、インドやスリランカにおける伝承医学であるアーユルヴェーダの治療薬として使われてきたという歴史もあります。

 

例えば、サラシアアプリノイデスは、糖尿病、月経不順・困難の治療に、サラシアオブロンガはリウマチ、ぜんそく、湿疹、耳の疾患の治療に、サラシアレティキュラータはリウマチ、皮膚病、初期糖尿病の治療に使われているといった具合です。

 

サラシアは古くから薬として、広く人々に親しまれてきた自然の恵みなわけですね。

 

 

オリゴ糖よりもサラシアのほうが凄い!?

オリゴ糖は善玉菌のエサとなって、どんどん善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれるわけですが、最近の研究結果では、オリゴ糖よりも優れているのがサラシアなのです!

 

サラシアの凄さを実験した研究所では、悪玉菌が善玉菌の数を上回っている被験者にサラシアを摂取してもらい、1週間、4週間と周期的に腸内菌を調べたというわけですが、その結果が凄いのです!

 

1週間後に善玉菌であるビフィズス菌が約4倍に増えただけでなく、腸内環境を乱す悪玉菌が約1/4まで減少、さらに4週目には善玉菌が4.5倍に増え、実験前の悪玉菌の数と逆転するという驚きの研究結果が出たのです!

 

これは、オリゴ糖やビフィズス菌を摂取した後の効果よりも断然早く、この実験によって、サラシアの有効性だけでなく即効性が立証されたという研究結果がありました。

 

サラシアは早く効果が実感できるというのは何よりも嬉しいですよね!
オリゴ糖も体に優しいけど、サラシアももっと体に優しく、しかもオリゴ糖よりも効果抜群!

 

ダイエットにもなる?

サラシアがダイエット効果があるのは、糖分を吸収する作用と脂肪を分解する作用があるからなのです。
糖分を摂り過ぎると体内に吸収されるとエネルギーとして使われなかった分が脂肪に変化し、結果的に体脂肪を増やすことになります。

 

サラシアで糖分の吸収を抑えておけば、エネルギー燃焼に体脂肪が使われるので自然で身体に優しいダイエットとなります。
これらの働きは、サラシアに含まれているテルペノイド類やポリフェノール類、マンジフェリンなどの成分によるものです。

 

サラシアにダイエット効果を期待する人は、糖分や脂肪分の摂取を控えめにしつつサラシアを摂れば、効率よくダイエットの成果を出せることでしょう。

 

サラシアは単に体重や体脂肪を落とすだけでなく、内臓脂肪を減らす効果もあるのです!
メタボリックシンドロームと診断された人はまず内臓脂肪を減少させることが肝心です。

 

 

妊娠中でもサラシアは大丈夫?

妊娠中は食欲が旺盛で体重の増加が気になるでしょう。
でも、お腹の中の赤ちゃんのためにもしっかりと栄養を届けなければなりません。

 

妊娠中は運動不足で、しかも便秘気味にもなりやすいですよね?
サラシアのお茶であれば、安心して飲めます。

 

ただサラシアを飲むと、お腹がゆるくなったり、おならが出やすくなったりする妊婦さんもいますが、その場合はサラシア茶の濃さを調節して、効き具合をコントロールするといいでしょう。

 

 

糖尿病の人は要注意!

糖尿病の妊婦さんの人で治療薬を内服されている場合、サラシアを摂る前に医師に一度相談してください。
サラシアには糖を吸収する作用があるので、もし治療薬と併用すると相乗効果により、低血糖になるリスクが高まるかもしれません。

 

基本的には妊娠中にサラシアを飲んでも問題はないと考えて大丈夫ですが、万が一何か異変が起こったら、飲むのを中止してすぐに病院を受診することをオススメします。

 

 

まとめ

サラシアの特長は、オリゴ糖を体内で作り出すことです。わざわざヨーグルトとオリゴ糖を用意する必要もなく、サラシア一つで腸内環境を整えられます。

 

サラシアはオリゴ糖の生成を体内で行ってくれるので、扱いの難しいビフィズス菌を摂り込む必要もありません。
サラシアを継続的に摂取すれば、一週間で腸内のビフィズス菌が4倍にも増加したというケースもあります。

 

ヨーグルトもいいですが、善玉菌が元気一杯にしてくれるサラシアも判断材料の一つとして検討されてみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク