宿便を出すのにプルーンの効果的な摂り方

宿便を出すのにプルーンの効果的な摂り方

優しい葡萄色の実を一口かじると、甘酸っぱい味とほのかな甘みが広がる、プルーン。
そんなブルーンですが、私たちの知らない、素晴らしい効果が隠されているのをご存知でしたか?

 

というのは、プルーンはミラクルフルーツと呼ばれるほど栄養素が豊富に含まれているスーパーフルーツだからです。
なかでも食物繊維が非常に豊富で宿便を出すのに良いとされるフルーツの一つです。

 

そのまま食べてももちろん美味しいのですが、ドライしたプルーンのほうがたっぷりの栄養素を摂ることができます。

 

ここでは、宿便を出すための方法として、プルーンの効果的な食べ方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

教えて!プルーンの効果的な食べ方

プルーンは、洗えば皮ごと食べることができます。
なかには表面についている白い粉が気になる方もいると思いますが、これはプルーン自身が雨などの水分をはじいたり、病気から身を守ったりするために出しているものなので全く心配いりません。

 

収穫してから2〜3日で完熟状態になり、へたがついている部分にしわが入り始めたら食べごろです。
プルーンの旬が過ぎても問題なく、ドライフルーツになったものならコンビニなどでも手軽に購入できます。

 

もしプルーンの味が少し苦手な方は、ドライプルーンを赤ワインや紅茶で煮込んだり、お菓子にしたり、ジュースにしたりすると手軽においしくプルーンの栄養分を摂ることができます。

 

プルーンには食物繊維が豊富に含まれていますが、ヨーグルトと一緒に食べると宿便を出すのに効果的でしょう。このヨーグルトにプルーンを入れて食べるという食べ方はよく知られており、もっともポピュラーな食べ方といえます。

 

ヨーグルトには腸内環境を整えるビフィズス菌が含まれ、食物繊維の豊富なプルーンと食べると宿便解消に相乗効果をもたらしてくれます

 

 

どれくらい食べたらいい?

スーパーフルーツと言われるだけあって様々な栄養素を含んでいるのですが、なかもで食物繊維が多いのが特徴です。
宿便や便秘がヒドイ時にはプルーンを食べる方が多いと言われるのは、腸内の働きを活発にしてくれる働きのある食物繊維を多く含むフルーツだからなのです。

 

プルーンの食物繊維は水溶性でペクチンと言う成分があり、それは整腸機能がとても高いものの、摂りすぎると下痢になってしまう恐れもあります。

 

したがってプルーンの摂取量には、十分に気をつけたほうがよいでしょう。
生のプルーンやドライフルーツ以外にも、プルーンエキスが市販されていますが、エキスであれば1日に100グラム以下、ドライフルーツなら30グラムから50グラム程度にしておいたほうが無難です。

 

摂り過ぎに注意したいもう一つの理由は、ドライフルーツの場合は糖分が多いためとカリウムの含有量が多いためです。
腎臓疾患のある人などは、カリウムの摂取に制限が設けられているので、もしプルーンの摂取量に迷ったら、かかりつけの医師に相談してからにしましょう。

 

貧血予防にプルーンを食べる時には心配ありませんが、宿便を出すための方法としてプルーンを食べる場合は注意しておきたいことがあります。
生のフルーツは別ですが、ドライフルーツの場合は水分を多めに摂っておいたほうが効果的ということです。
水分を多めに摂ることでプルーンの栄養素がスムーズに腸まで到達するので、トラブルを早く解決してくれます。

 

スポンサーリンク