発酵食品で宿便を出そう!

発酵食品で宿便を出そう!

周知の通り、普段の食生活によって腸内環境は変化していきます。自分の腸内環境を良くするも悪くするのも、やはり食生活が大部分を決めます。

 

汚い話で恐縮ですが、赤ちゃんの便の臭いを嗅いだことありませんか?赤ちゃんの腸内は善玉菌であるビフィズス菌が数多く棲みついてるため、便の臭いはあまりしません。
でも離乳食を取るようになってから腸内環境が変化し、悪玉菌が増えたことで便が臭ってくるようになります。その後、いろいろな食事を摂るようになるわけですが、何を口にしたかで腸内環境が決まってきます。

 

つまり腸内環境は生まれつきによって決まるのではなく、食生活の内容によって変化していくのです。
ですから腸内環境の良し悪しは、食生活によって決めるわけですね。

 

当ページでは、発酵食品で善玉菌を増やし、宿便を出す方法について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

発酵食品とは?

食品加工の過程で酵母や乳酸菌などの微生物の活動によって、腐敗菌の増殖を抑えます。
酵母や乳酸菌の働きにより、もとの食材に独特な旨味が生じるようになります。

 

発酵の過程で、もとの食材がより美味しくなるだけでなく、栄養価も発酵前に比べ高くなります。

 

 

宿便を出すのに発酵食品が一番!

腸内環境を良くするには、腸内の善玉菌を増やすことです。
そのためには、善玉菌を直接体内に取り入れればいいんですね。

 

ところで、なぜ発酵食品が腸内環境を良くするのでしょうか?
それは食品の中に含まれる善玉菌があるからです。

 

プロバイオティクスのことをご存知ですか?
これは体にいい効果をもたらしてくれる生きた微生物を含む食品を言います。

 

善玉菌が含まれているヨーグルトや乳酸菌飲料だとイメージすれば分かりやすいでしょう。

 

韓国で一般的に親しまれているマッコリも、善玉菌が豊富です。
マッコリは米と麹を発酵させるため、酸味が強くなるのですが、この酸っぱさが、実は善玉菌なのです!

 

発酵食品もプロバイオティクスの代表の一つです。
この発酵食品には善玉菌が多く含まれているので、積極的に取り入れたいものです。

 

昔から食べている味噌や漬物、しょうゆ、納豆、塩麹など日本の伝統的な食品も発酵食品なのです。
日本の伝統的な食品は、以前に比べると大幅に減っているようです。

 

欧米型の食文化ばかり摂るから、腸内環境が悪くなって宿便や便秘、下痢、病気、肌トラブルなど様々な症状が出てきた理由になっているのかもしれません。

 

 

発酵食品にはどんなものが?

発酵食品で宿便を出そう!

ヨーグルトや乳酸菌飲料もそうですが、日本伝統料理である漬物やしょうゆ、味噌、塩麹があります。

クサヤや鯖寿司など、その土地独特の発酵食品も存在します。

 

もちろん外国にも発酵食品があり、チーズやキムチ、ナタデココもそうですね。

 

このように発酵食品は体に良いとイメージすると思いますが、しっかり発酵していないのに発酵食品と銘打っている食品が出回っていることもあります。

 

漬物を例にすると、乳酸による発酵を抑えて、代わりに化学調味料を添加して漬物っぽいようにしているのです。
これでは発酵した食品とは言えません。

 

ラベル成分表を見て、余計な添加物や着色料などが含まれていないかを確認するといいですね。
ぬか漬けのものであれば、野菜を発酵させているので、食物繊維が豊富であり腸に良い影響を与えてくれます。

 

また納豆も大豆を発酵させて作っているので、発酵食品の素晴らしさを味わえる一品です。
納豆に含まれる善玉菌は胃での作用を受けにくく、腸まで生きたまま届きやすいと言われています。
たとえ死んだ菌でもエサになってくれるので、心配しなくても大丈夫なのです。

 

やはりベストなのは長時間熟成発酵させた食品を選ぶこと、それが腸内環境を整えるカギなのです。

 

改めて日本の伝統的な食材や調味料の素晴らしさを実感し、普段の食生活に発酵食品を取り入れてみてはどうでしょうか?
それが腸内環境の改善にプラスとなり、宿便を出してくれるかもしれません。

 

スポンサーリンク