宿便を出すためにも2種類の水溶性食物繊維を!

毎日の食卓には、必ず野菜を置いて食べていることと思います。
野菜には食物繊維が豊富ですが、次のように2種類の食物繊維があることをご存知でしたか?

水溶性食物繊維
不溶性食物繊維

 

それぞれの働きや代表的な食材などを簡単に紹介いたします。

 

スポンサーリンク

水溶性食物繊維について

宿便,出す,水溶性食物繊維,不溶性食物繊維

便をドロドロと粘りのある状態にする働きがあります。
粘性のあるモノですから、胃腸内での移動がゆっくりです。

 

また、小腸での栄養素の消化吸収を抑えて、さらに有害物質を体から排泄させてくれます。
消化吸収が遅いから、糖尿病の人はなるべく水溶性食物繊維を摂るようにと推奨しています。

 

さらにコレステロール低下作用があるので、動脈硬化症の予防になりますね。

 

水溶性食物繊維の代表的である食材には、リンゴやみかんなどの果物、イモ類、キャベツや大根などの野菜がそうです。
その他に、昆布やわかめなどの海藻類、大豆やカラスムギなどの麦類などに多く含まれています。

 

海藻類ってヌメヌメ感が多いですよね?
このヌメヌメ感のある食材が水溶性食物繊維であると思ってくださいね。

 

 

不溶性食物繊維について

宿便,出す,水溶性食物繊維,不溶性食物繊維

 

こちらの特長は、水分保持能力があることです。
腸の蠕動運動を活性化し、便が消化管を通過する時間を短縮します。
つまり消化管内で水分を抱え込むようにして容積を増やし、これにより便の量がかさ上げします。

 

不溶性食物繊維を多く含む食材には、きな粉やグリーピース、納豆、インゲン豆などの豆類や、酒粕、マツタケ、甘栗などに多く含まれています。

 

納豆は素晴らしい食材の一つです。
納豆に含まれる納豆菌が、腸内細菌によって腸内でビタミンKの合成を活発に行います。
このビタミンKが、骨を構成するタンパク質の活性化に欠かせない栄養素なのです。

 

 

宿便を出すのに効果的なのは?

水溶性は水に溶けやすい、不溶性は水に溶けにくいと区別できました。
では、宿便を出すのに効果的なのはどちらがいいのでしょうか?

 

どちらも摂ることが正解です!
割合で言うと、水溶性:不溶性=1:2がベストではないでしょうか?

 

水溶性食物繊維は水に溶けてゲル状になり、その結果、胃の中の食物を包み込むようになります。
それが消化・吸収を穏やかにしてくれるのです。

 

そのため血糖値やコレステロールを抑える効果が知られています。
水溶性食物繊維には腸内の善玉菌のエサとなるモノが多いので、腸内環境を整える働きも持っています。

 

一方の不溶性食物繊維は、水に溶けない性質なので消化されることはありません。
極端に言うと、不溶性ばかりのものを食べてしまうと、便が硬くなって排便しづらくなることだってあるんですね。

 

不溶性食物繊維って体にとって何のメリットがないと思われそうですが、そんなことはありません。
水に溶けにくいけど水分を含んで保水する性質があるので、胃腸で水分を吸って急激に膨らみ、腸の蠕動運動を高めてくれます。

 

「食物繊維をしっかり摂りましょう!」というのは、実は、2種類の食物繊維をバランスよく摂るようにという意味だったのです!

 

水溶性:不溶性=1:2を意識して上手に摂ることで、便通が促進され宿便や便秘の改善につながるはずですから。

 

スポンサーリンク