えのき氷で宿便を出す?

宿便,出す,方法,マッサージ,プチ断食

ダイエットのために、宿便を出したいと思っている人が多いと思います。宿便というと、一般的にもたれているイメージは腸壁に便がこびりついているという図ではないでしょうか?

 

ところが、あるテレビ番組で調査したところ、どんなに便秘症の人でも腸壁に便がこびりついているということはないようでした。
それは意外でしたね!?

 

そのTV番組で紹介があったえのき氷ダイエットというのを聞いたことがありませんか?
ここでは、えのき氷についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

えのき氷でダイエットとは?

毎日えのき氷を食べるだけでぽっこりお腹を解消できるというダイエット法で、長野県を中心に全国に広がりつつあります。
えのき氷とは何物かというと、えのきと水をミキサーに入れて撹拌した液体を煮込み、粗熱をとって製氷皿に入れて氷状にしたものです。

 

スーパーで100円程度で販売されているえのき茸で簡単に作れるというだけでなく、えのき氷には美容にも健康にも良い効果が詰まっているのがポイントです。

 

えのき氷で腸内環境を整える!

いわゆる宿便を出すという行為は、蓄積された便を一気に出すというように思われていましたが、その概念は変わりそうですね。
要は、体の中にたまった毒素を含め、食べたものを消化した老廃物をスムーズに残さず排出することなのかもしれません。

 

ただでさえ便秘がちの人が、体の老廃物をたっぷり宿便として出すのは容易ではなさそうです。

 

しかし、えのき氷には宿便を出す大きな力があるというのです。えのき氷が宿便を出すのに大いに役立っている理由は、キノコキトサンにあります。

 

キノコキトサンがすごい!

えのき茸には、きのこ類に含まれるキノコキトサンが大量に含まれています。キノコキトサンは簡単にいえば、不溶性食物繊維の一種でお腹の中で水を含んでふくらみ、腸壁を覆うという性質があります。

 

これにより腸に脂肪分が吸収されにくくなるので、油分の摂り過ぎを防ぐことができます。さらに、腸内で膨張するために満腹感を得やすく、食物繊維効果で便が出やすくなるというのも特徴です。

 

血糖値を調整する作用も持っているキノコキトサンは、高血圧の人にも役に立ちそうですね。

 

えのきに含まれるトレハロースには、保湿効果があります。
乾燥しやすいお肌の方には、天然の保湿成分として積極的にとってほしいですね。

 

また、食物アレルギー対策や骨粗しょう症対策、虫歯対策などにもえのき茸は良いと言われています。

 

 

さいごに

キノコ類一般に含まれるキノコキトサンですが、特にエノキには多く含まれています。えのき茸の細胞内部にある成分だけに、普通に食べるのではなくペースト状にすることで吸収しやすくなるわけです。

 

したがって、キノコキトサンはそのままでは吸収されにくく、ミキサーでミックスして細胞を細かく砕いたえのき氷だからこそ成分の効果が発揮されるといいます。

 

えのき氷は、お味噌汁やスープなどの汁ものに使ったり、お酒に入れて飲んで楽しんでいる人もいるようです。

 

宿便を出すために、便利に使えるえのき氷を献立に加えてみませんか?
えのきってカロリーが低いですから、ダイエットに強い食材だと思いますから。

 

スポンサーリンク