自宅でできる宿便を出す方法

宿便を出す方法には病院などにいって浣腸をしてもらうなど医学的療法が有名ですが、自宅でも簡単にできるものもあります。

 

自宅でできる宿便を出す方法としてはまず断食があります。
断食というとお寺で行うイメージが強いですが、最近はデトックスの意味も含めて自宅で行う方が増えてきています。

 

スポンサーリンク

 

宿便を出すというのは体内の老廃物を排出するということなので、デトックスの範囲に入るのです。
お腹の中を空っぽにすることによって内臓の器官が休むことができます。

 

食べ物を消化するというのは非常に疲れることなので、内臓の機能も鈍ってきてしまいます。
本来の内臓の機能を取り戻させて、消化機能をアップさせるというのが断食の目的なのです。

 

一般的な断食は素人が行うと体に負担がかかるので、お薦めはプチ断食週末断食です。

 

12時間や16時間など時間を決めて、その時間は食事を摂らないという方法なのです。

 

もちろん水分補給はしっかりと行わなければなりませんし、断食が終わった後は消化の良い食べ物から徐々に食べていくことになります。

 

この宿便を出す方法を行った直後はかなりすっきりと排出されるようなので、一度は試してみた方が良いでしょう。

 

それから宿便を出す方法として粉ミルクの活用があります。
赤ちゃんが飲んでいる粉ミルクですが、乳糖が豊富に含まれています。
この乳糖は大腸まで届き、そこで大腸を刺激してくれるのです。

 

そのため腸のぜん動運動が起こって宿便が解消されるという仕組みになっています。

 

スポンサーリンク